ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

柔術渋川一流 Jûjutsu Shibukawaichi ryû

渋川一流略史

柔術渋川一流は広島県の坂に幕末から伝承された柔術を主体にする総合武術である。
b0287744_16572144.jpg
広島藩士宮崎儀右衛門は藩領で難波一甫真伝流を学んだ後、江戸へ出て渋川流四代目の渋川伴五郎時英に師事して渋川流柔術を極めた。その後、宮崎は坂で「渋川流柔術」を指南するが、その内容に全く渋川流は採用されていない。流儀名だけ踏襲して内容は難波一甫真伝流の柔術と四国で相伝を受けた浅山流の諸術(棒・三尺棒・小棒・三道具・居合・捕縄・分童・十手)を混成して教えた(宮崎が師事した浅山流の師匠の名は不詳である)。高弟に首藤蔵之進満時(右写真宮田多四郎国時がある。したがって、渋川一流の実質的な開祖は宮崎儀右衛門である。

首藤蔵之進は浅山流の棒術に優れ、松山藩の指南役を務めた。首藤は宮崎から天保9年に相伝した渋川流を「渋川一流」と改名した。

b0287744_172098.jpg
                      天保9年、宮崎から首藤に授けられた伝授巻


「○○一流」というのは中国・九州地方特有の命名慣習 であり、宮本武蔵の二天一流、広島の難波一甫真伝真得一流、長州藩の専当一身一流柔術、福岡・熊本の扱心一流など皆、その例である。渋川一流は渋川流と浅山一伝流の「一」を合わせたことにより命名されたという説を唱える人もいるが、これは誤りで、宮崎と首藤が学んだのは「浅山流」であって、浅山一伝流ではない。慣習によって渋川一流としただけのことである。

また、浅山流の居合は明治以降、首藤が「時代にそぐわない」という理由で伝授を廃止したため、失伝した。

明治期に首藤から相伝を受けた者は皆、道場を構えて指南したため、坂町の男子は皆、渋川一流を稽古した。

b0287744_1761693.jpg
         明治28年、首藤の門人川野幸八によって坂の八幡神社に掲げられた奉納額


しかし、昭和三十年代を境にして急速に衰え、会長が昭和六十一年に坂町を訪れたときには、役場の教育委員会でさえ「渋川一流は絶えました」と返事をするほどで、当時、広島で稽古をする者は皆無であった。

会長は入念な調査により、谷田朝雄師範を探し当て、教授を請い、山梨から通って指南免許を許され、山梨で稽古を続けた。その後、谷田師範が病身となられたことにより、師範の紹介で畝重實師範にも師事し、畝師範からも相伝を受けた。その後、若干の人が畝師範に入門して、今は畝伝が広島で稽古されている。

b0287744_17162374.jpg
                 会長が授けられた伝授巻の相伝者が記載された部分


谷田伝の相伝を受けたのは会長一人のみであり(谷田師範からの唯授一人の証明書あり)、国際水月塾武術協会では谷田伝を稽古している。今ではドイツやルーマニアでも稽古をする者ができた。

b0287744_20391617.jpg
b0287744_20393751.jpg
b0287744_2040255.jpg
b0287744_20405327.jpg
                           谷田師範と会長の稽古


系譜

初代 宮崎儀右衛門満義
二代 首藤蔵之進満時
三代 宮田友吉国嗣
    小末繁太郎国時
四代 谷田重一嗣時
五代 谷田朝雄時信
六代 小佐野淳信常

b0287744_1742387.jpg
                           宮田友吉・玉吉兄弟、共に達人


b0287744_1533781.jpg
                   谷田重一とその門下生(1939年、谷田朝雄師範撮影)


b0287744_2115050.jpg
    谷田重一師範の門人で唯一健在の久保歳之師範からドイツの門人とともに指導を受ける(平成22年)

b0287744_20424162.jpg
                             畝重實師範と稽古
by japanbujutsu | 2012-10-29 21:06 | 渋川一流柔術 Shibukawa

by japanbujutsu