ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

力信流武術 Rikishin ryû bujutsu

力信流の歴史

力信流の祖は、官部嵯峨入道家光。永禄年間に肥後熊本で生まれたというが確証を得ない。江戸初期より現岡山県下に広く伝播した。柔術は特に竹内流の影響下に成立したというが、他の武術は独自性の強い内容となっている。中興祖は杉山縫殿之助で、その門人大江安左衛門によって現岡山市の畑鮎に伝えられ、山の上にある寒村は武術で熱気に溢れた。

b0287744_19581624.jpg
                              力信流伝書巻頭部分


b0287744_1957677.jpg
                     大江安左衛門の次代大江和三郎(中央)一門


明治時代には幾多の名人を排出したが、特に大長九郎は稀代の達人で、後に静岡県に移住して警察関係を中心に指導した。特に棒術は昭和30年に武術としては全国で初めて県の無形文化財に指定された。しかし、昭和39年に大長が他界してからは、一気に衰退していった。

会長の恩師美和靖之師範は、大長の弟子で剣術と居合を極めた美和勝治郎の孫に当たり、祖父から居合と剣術を、鎌田忠義(大長の門人)から棒術を学ばれた。美和師範は若くして三島市内に剣道場「武修館」を設立し、現在に至るまで青少年に剣道を教授されている。

b0287744_19555314.jpg
                            大長と鎌田による棒術


力信流では免許皆伝を受けた者の諱に「光」の字を与えることになっている。

なお、流祖官部嵯峨入道家光は、昭和29年に発行された『日本武道流祖伝』に姓の官部(かんべ)を「宮部(みやべ)」と誤植され、以降、これが元となって多くの書籍・雑誌がこの誤記を検証もせず、門外漢によって盲目的に引用されてしまった。ここに訂正をする。


b0287744_1955449.jpg
                            力信流の系譜を記した伝書



系譜
b0287744_148980.jpg
流祖 官部嵯峨入道家光
二代 官部八郎左衛門藤光
三代 荒川八郎吉光
四代 片岡与八郎氏光
五代 官部逸八宗光
六代 杉山縫殿之助勝光
七代 大江安左衛門吉光
八代 大江和三郎家光
九代 大長九郎行光(右写真)
十代 美和勝治郎広光
十一代 市川弘塘光
十二代 美和靖之義光
十三代 小佐野淳藤光
十四代 山根章武光(兵庫) 平成二十六年現在、免許皆伝者一人




b0287744_13525074.jpg
                          会長が美和師範から授けられた伝書


b0287744_200930.jpg
                                武修館の額


b0287744_227862.jpg
              力信流一門が畑鮎の山上に祀った流祖神愛宕山大権現の石塔
by japanbujutsu | 2012-11-02 20:00 | 力信流武術 Rikishin ryu

by japanbujutsu