ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

柳生心眼流兵術 Yagyûshingan ryû hêjutsu

柳生心眼流の歴史

古武道としては大東流と並んで若者に人気のある流儀なので、柳生心眼流に関する情報は巷にあふれている。ここではその概略にとどめたい。
b0287744_222414.jpg
開祖は竹永隼人。仙台藩北部に広く伝播した総合武術である。

幕末に柳生心眼流の一部の派は拳法技法を伝えるようになり、明治になって星貞吉が現れて、登米郡から栗原郡一帯にさらに広く普及した。特に拳法では高橋彦吉が優れ、その門人鈴木兵吉(右写真)も達人と称された。
b0287744_2122383.jpg
                  鈴木兵吉から齋田茂七に授けられた『神通秘法巻』


栗原郡には他にも明治時代に高橋市内勝義の柳生志限流柔拳法があり、この伝は後に岩手県釜石に伝えられた。

これらの伝とは別に桃生郡には竹永の古伝が残り、昭和の代まで残っていたが、会長が昭和末年に訪ねたときには古老が伝えるのみで、後継者はいなかった。

星貞吉の伝はその後、数系統に分かれ、現在でも稽古が続けられている。

会長は最初、大学時代に西郡多喜雄師範に学び(この系統は21箇条を伝えるのみ)、大学卒業後、島津兼治師範にマンツーマンで3年間師事し(外弟子のため未相伝)、さらに宮城県鹿島台で鈴木兵吉伝の兵術柔を遠山国男師範及び奥山清太郎師範に学んで相伝し、また、釜石伝を宮本鶴松師範に学んだ。

b0287744_21374358.jpg
        鹿島台大迫の遠山国男師範宅にて(左から遠山師範、武田軍虎師範、熊谷、小佐野)


系譜
b0287744_18292023.jpg
流祖 竹永隼人
二代 吉川市郎右衛門
三代 伊藤久三郎
四代 小山左門行房
五代 相沢忠之進
六代 千葉義祐
七代 佐竹森之助
八代 加藤権蔵
九代 星貞吉義治右写真
十代 高橋彦吉政治
十一代 鈴木兵吉武盛
十二代 鈴木専作猛盛
十三代 佐藤金兵衛清明(21箇条のみ)
十四代 西郡多喜雄明盛
十五代 小佐野淳(21箇条相伝)




b0287744_2232467.jpg

十二代 斎田茂七義則右写真
十三代 阿部睦男忠則
十四代 武田軍虎仁則
十五代 遠山国男国義
十六代 小佐野淳忠盛(77箇条相伝)

十四代 箭内一孝則
十五代 奥山清太郎武則
十六代 小佐野淳常則(77箇条及び陰陽鍛身流相伝)
b0287744_18563452.jpg
                            陰陽鍛身流二丁短棒術





b0287744_21323529.jpg
                     会長が西郡多喜雄師範から授けられた伝書 


b0287744_21332975.jpg
                   会長が遠山国男師範から授けられた免許御免目録


b0287744_213427100.jpg
                  会長が奥山清太郎師範から授けられた免許御免目録


b0287744_18463494.jpg
                斎田茂七(鈴木兵吉門人)から菅原司に授けられた「大巳貴命伝」

b0287744_18485356.jpg



















菅原司

by japanbujutsu | 2012-11-05 21:37 | 柳生心眼流兵術 Shingan ryu

by japanbujutsu