ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

神道無念流居合 Shintômunen ryû iai

八戸藩伝神道無念流居合

神道無念流は一円流剣術を学んだ福井兵右衛門によって開かれた剣と居合の流儀である。信州飯縄権現の夢想で開眼し、五加五行、非打十本、立居合十二剣、統合二剣を案出して神道無念流を立てた。二代目は戸賀崎熊太郎暉芳が継承し、江戸と現埼玉県の清久村で教授した。

戸賀崎熊太郎暉芳の門人でもっとも傑出したのは岡田十松吉利である。斎藤弥九郎、藤田東湖、永倉新八、江川太郎左衛門、渡辺崋山、金子健四郎など、皆岡田十松の門人である。

八戸藩には岡田十松吉利の子、十松利貞に学んだ佐藤万次郎が伝えた。佐藤の後は、中里好環、前田利見と相伝し、明治期の達人北村益に至る。北村は昭和戦前まで精力的に活動し、古武道大会にも率先して出場し、八戸藩の武術を披露した。

b0287744_20225421.jpg
                      岡田十松利章(利貞の次代)が差し出した伝書


b0287744_12325489.jpg
佐藤万次郎から中里好環に差し出された伝書の著名部分








b0287744_17511323.jpg
      佐藤万次郎が差し出した『神道無念流剣術秘伝巻』-武士の刀に対する心得が詳細に記されている



会長の恩師小瀬川充師範は北村益から立居合の免許皆伝を授かり、全日本居合道連盟に加盟して、その普及に尽力された。なお、小瀬川師範は自ら工夫した居合を合神承伝流と称した。



b0287744_12352699.jpg

会長が小瀬川師範から授けられた教授の推挙状




現在、全国には数派の神道無念流が伝えられているが、八戸藩伝はそのいずれとも大きく趣を異にしている。



b0287744_12252999.jpgb0287744_12401459.jpg










北村益                                           小瀬川充師範


系譜

流祖 福井兵右衛門嘉平
二代 戸賀崎熊太郎暉芳
三代 岡田十松吉利
四代 岡田十松利貞
五代 佐藤万次郎成方
六代 中里好環
七代 前田利見
八代 北村益
九代 小瀬川充
十代 小佐野淳

b0287744_2025732.jpg
                         松代藩文武学校で演武する会長




 
by japanbujutsu | 2012-11-06 20:25 | 神道無念流居合 Munen ryu

by japanbujutsu