ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

柳生心眼流の内容 Contents of the Yagyushingan ryu

柳生心眼流の体系

現段階の研究では、当流の一部の派で伝えられている甲冑技法は、明治以降の付加伝だと思われるため、ここでは国際水月塾武術協会が伝えている兵術(拳法柔)の体系について紹介する。


鈴木兵吉系

表   7
中極 7
落   7
切   7
 ※ここで初めて「切紙(初伝の巻物)」を授かる
取放 7
取返 7
居取 7
取手 7
小具足 7
潜手 7
小手返 7
 ※ここまで修めて「秘伝目録」を授かる

その後、秘伝の技を学び、指導実績などを踏まえて免許皆伝(「免許御免目録」)を授かる


竹翁舎の島津兼治師範からは毎週の土日、泊まり込みで約3年間学んだ。ほとんど個人指導で、初伝技から奥伝・秘伝技まで三百手にわたる技法を稽古した。すべて記録に残してある。
b0287744_22544178.jpg
b0287744_2254546.jpg
島津師範と我が水月塾道場にて演武(1983)
by japanbujutsu | 2012-11-11 21:44 | 柳生心眼流兵術 Shingan ryu

by japanbujutsu