ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

力信流の内容  Contents of the Rikishin ryû

現在伝承されている力信流の形

棒術 14本
 棒術は径8分の六尺棒を用い、長く使うのを特徴としている。熟達すると棒がブンブン唸るようになる。形は棒対棒の想定である。なお、以下に記す形の名称は昭和の戦後に用いられたもので、戦前の目録と相違している。また、その戦前の目録も江戸期の伝書に記された名称と異なっている。

一本目 受け留(Uketome)
二本目 払ひ受(Haraiuke)
三本目 抜き打(Nukiuchi)
四本目 下股打(Shitamatauchi)
b0287744_23435087.jpg五本目 中 受(Nakauke)
六本目 脇 留(Wakidome)
七本目 手 槍(Teyari)
八本目 流し受(Nagashiuke)
九本目 脇 突(Wakizuki)
十本目 引き別れ(Hikiwakare)
十一本目 仕合棒(Shiaibô)
十二本目 笠の下(Kasanoshita)
十三本目 身隠し(Mikakushi)
十四本目 抜き打ち(終い棒)(Nukiuchi/Shimaibô)

b0287744_23531628.jpg
剣術 10本

五ヶノ剣(Goka no Ken) 五箇条
目録形(Mokurokugata) 五箇条


居合 5本

一本目 抜付の事(Nukitsuke no koto)
二本目 抜き突の事(Nukutsuki no koto)
三本目 後敵の事(Ushiroteki no koto)
四本目 即座の事(Sokuza no koto)
五本目 柄砕車切の事(Tsukakudaki kurumagiri no koto)

b0287744_2243959.jpg
                          美和靖之師範と会長による棒術
by japanbujutsu | 2012-11-12 22:16 | 力信流武術 Rikishin ryu

by japanbujutsu