ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

穴澤流薙刀の形 Anazawa ryû Naginata no kata

新庄藩伝穴澤流薙刀の内容

現在伝承されている形


表十四手の次第(Omote jûyonte no shidai)

一 上段之事(Jôdan no koto)
一 中段之事(Chû dan no koto)
一 下段之事(Gedan no koto)
一 左之事(Hidari no koto)
一 右之事(Migi no koto)
一 両脚之事(Ryôashi no koto)
一 腰車之事(Koshiguruma no koto)
一 紅葉重之事(Momijigasane no koto)
一 花重之事(Hanagasane no koto)
一 波々風返之事(Hagyû no kaeshi no koto)
一 風間繰之事(Kazamakuri no koto)
一 大嵐之事(Ôarashi no koto)
一 小嵐之事(Koarashi no koto)
一 獅子之歯噛之事(Shishi no hagami no koto)

これに初段免状の「剣震之事(Tsurugifurashi no koto)」が伝承されている。

穴澤流の特徴は横一文字の胴斬りと、体変換しながら打ち込む面打にある。神道無念流立居合の斬撃がすべて袈裟であるのに対し、穴澤流の操法は縦横の十文字斬りであり、対照的である。だからこそ、当塾には
大変都合のよい流儀であり、技法である。また扇形に開く脇構えは真に優雅である。

b0287744_22132958.jpg
                             『穴澤流薙刀本心巻』


b0287744_23104547.jpg
                  山形県新庄小学校で児童に薙刀を指導する五十嵐きぬ先生


b0287744_21583518.jpg
                       なぎなた大会で演武する五十嵐きぬ先生


b0287744_17141693.jpg
        海外で唯一穴澤流を修行しているベルリン支部指導員Anne-Sophie Rosenberg氏(中央)
by japanbujutsu | 2012-11-16 22:14 | 穴澤流薙刀 Anazawa ryu

by japanbujutsu