ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

西法院武安流武者捕(柔術)Seihöintakeyasu-ryu mushadori

仙台藩伝西法院武安流武者捕(柔術)

仙台藩領登米郡登米に江戸時代から昭和の中頃まで西法院武安流武者捕という変わった名前の柔術が伝承されていた。

開祖は長崎出身の松浦武兵衛武安(号松雲)。長崎で楊心流を学び、故あって仙台藩に流れ、名を大内武兵衛と改めた。

昭和中頃まで免許皆伝の袋地亮治師範が教えたが、その門下から免許を得た者は出なかった。

会長は袋地の門人、伊藤幹夫氏から三十手ほどの形を学んだ。
b0287744_21163824.jpg
b0287744_21194936.jpg









袋地亮治師範とその顕彰碑(右)



                                                                                                                   





b0287744_21201094.jpg                       








西法院武安流武者捕の形








b0287744_19394282.jpg
                                彩色絵目録
by japanbujutsu | 2012-12-14 21:23 | その他の流儀 Others

by japanbujutsu