ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

古武道に宗家なし Kobudo does not have the Sôke system.

古武道に宗家なし

昭和の戦後、古武道の正しい相伝方式を知らぬ者たちが、免許皆伝を受けて次々と「宗家」を名乗りだした。
元々、古武道の世界には宗家というものは存在していない。

宗家は一つの流儀を学ぶ全国の門人を掌握する統括組織の元締め(家元)を意味している。だから華道や茶道には宗家がある。華道や茶道は師範になると弟子を取って指導をすることができるが、宗家から独立することは許されず、弟子の入門から階級伝授まですべて宗家に報告をして、金銭を上納するシステムである(不完全相伝)。だから当然のことながら宗家は一つしか存在しない。

ここまでは理解できたであろうか。

武道でも柔道は講道館(全日本柔道連盟)、剣道は全日本剣道連盟が段位の発行権を独占しており、正に宗家と同質の組織となっている。だから、現代武道を修行する者たちは一度も見たことのない先生の名前が入った段位証書をもらうことになる。自分が普段、通っている道場の先生は何もくれない。

ここまでは理解できたであろうか。

古武道は茶道や華道、あるいは現代武道とは全く違ったシステムを持っている。弟子は免許皆伝を受けるとその師範から独立して道場を構え、独立して弟子を取り、自分で弟子に資格を与えることができるようになる(完全相伝)。武士はある藩で、ある流儀の免許皆伝を受けると他藩に招かれたり、あるいは他藩の者を受け入れたりして武術を教授できるようになる。藩外不出などという流儀は江戸時代に存在した記録はない。一つの流儀がいろいろな藩で教授されていたことは周知の事実である。それらの流儀の師範は皆、それぞれ自分で弟子を育て、自分で弟子に免許皆伝を与えることができる。だから江戸時代の武術には「宗家」はあり得ない。

ここまでは理解できたであろうか。

現代の古武道界を見ると、ものすごい宗家の数である。一つの流儀で、二つも三つも宗家が存在している場合がある。それぞれが勝手に名乗っていることが明白である。免許皆伝=宗家だと思っていることがそもそもの間違いである。宗家を名乗っている者は自分の弟子の中からもたった一人の宗家しか出さないのであろうか。他の免許皆伝を持つ優れた弟子は、師匠が自分ではない誰かを宗家に指名することをどのように思うのだろうか。いくら免許皆伝になっても、宗家でない者は自分の弟子に免許を与えることができない。入門者がある度に宗家に報告をしなければならない。月謝の一部は宗家に上納しなければならない。現在、宗家を名乗っている道場で、もしこのことが正しく実行されていないとしたら、それは実質的に宗家ではなく、ただ宗家を名乗っているに過ぎないのである。宗家を名乗る自分の師匠は、同じ流儀の他の道場の免許を発行しているのだろうか。同じ流儀名の他の道場の師範は宗家の道場に定期的に研修や稽古に来ているだろうか。

ここまで理解できれば、古武道に宗家があることがいかに不自然で、あり得ないことかお分かりいただけたと思う。
正木流の故名和弓雄先生は、この意見に賛同されて、自ら名乗っていた正木流の宗家を平成10年に廃止している。

なお、例外的に江戸時代、江戸で宗家制度を敷いていた流儀が二つある。浅山一伝流と天神真楊流である。この二流は江戸に参勤交代でやって来る諸藩士に指導をしたため、流儀を全国的に組織することが可能であった。しかし、廃藩後、参勤交代も廃止され、江戸では武術も廃れていき、この二流儀の宗家制度は簡単に崩れ去った。

b0287744_21325852.jpg
                  江戸時代に浅山一伝流の家元をなした森戸家の系譜
by japanbujutsu | 2013-02-22 21:34 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu