ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

偽流儀=捏造武術のこと Bujutsu of the imitation

偽流儀=捏造武術のこと

世に本物があれば、必ず偽物がある。これは世の常。しかし、それにまんまと騙されて、それが真実だと信じ切って、大切な人生を無駄にしている人たちも多い。

本日は、偽流儀、すなわち捏造(でっちあげ)武術の話をしよう。

現在、伝統の古流武術と見せかけて、実際は昭和の戦後になってから創作された武術がいくつもある。特に東京及びその周辺に多く、全国の捏造流儀の九割以上に及ぶ。歴史が明瞭な地方にはほとんど捏造武術なるものは存在しない。

中国武術では昔から「3年かかって良師を探せ」という言葉があるらしいが、現代の若者には良師も流儀も見極める能力がない。情報過多の時代にあってはなおさらのことである。

本当の伝統武術をやりたくて入門したのはよいが、それが昭和の捏造武術だと気が付くまでには、素人の場合、やはり「3年かかる」。

現代においてこれだけ豊富なメディアが存在していても、事実を隠し通す者はいくらでもいるし、その数だけまた犠牲者もいる。

それでは、正真正銘の古流武術と、捏造武術の見分け方について、いくつかの判断事項を挙げてみる。もちろん、真の伝統流儀であっても一つ位は該当事項があるかもしれないが、ここに掲げるすべての事項をクリアーしていれば、まずその流儀は捏造であると考えた方がよい。

一、先代師範、または現師範に相弟子(兄弟弟子)がいない。
二、明治・大正・昭和戦前の稽古・演武記録や写真がない。
三、今、伝えられている形の名目と同じ名目を記した江戸・明治期の伝書がない。
四、歴代の直筆伝書がどこにもない。
五、戦前までどこに伝承していた流儀か言及できない(系図がある場合、それは決まって武術の系図とは無関係)。


八光流柔術のように昭和になってから創られた流儀であっても、その成立過程を明白にし、開祖奉告祭を執行して新しい流儀であることを公表するのであれば全く問題はない。

しかし、多くの場合、武術の伝統とは全く関係のない家系図や講談本の系図を引用して、それがあたかも武術の相伝系譜のごとく見せかけている。

ここで流儀名を一々挙げるのは、よくないことなので、その判断は各自に任せたい。武術の本家日本に「嘘」があっていけない。今、ここで糺しておかなければ、今後、武術はますます誤った方向に流れてしまう。欧米では最早、その是正ができないほど偽流儀・捏造武術が蔓延っている。

わが協会の使命は、あくまでも真実を伝えることである。
by japanbujutsu | 2013-02-23 12:46 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu