ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

起請文のこと

起請文のこと

起請文とは入門や免許伝授に際して流儀の掟を厳守することを師範、そして日本国中の神に誓うことを示す一枚証紙である。内容は流儀によって多少の違いはあるが、大抵は流儀の内容を他見他言しない、他流を誹謗中傷しない、などの条項が列挙されている。

門人が師匠に差し出すものであるから、署名(授受)は普通の免許皆伝巻などとは逆になる。

ここに紹介するのは、幕末の仙台藩において武術指南としては最右翼だった手裏剣の名人今野元三郎に門人の栗村助三郎が安政三年に差し出したものである。

流儀は香取真魂流飛刀術手内剣追加 中段真月流手裏剣。

三ヶ条の条目が記され、最後に、

右三ヶ条於相背者当流鎮守外日本六拾余州大小之神祇眼前に可蒙御罰者也依神文如件

とある。

b0287744_22165100.jpg


今の競技武道とは、その心構えからして大きな差異がある。古流の道場でもこのような起請文を差し出して血判を行う道場がどれほど残っているのだろうか。
by japanbujutsu | 2013-02-24 22:17 | 秘伝書の部屋 Secret densho

by japanbujutsu