ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

大阪伝渋川流柔術 Ôsakaden-Shibukawa ryû Jûjutsu

大阪伝渋川流柔術

b0287744_20281853.jpg


江戸の渋川家に伝えられた渋川流柔術は、明治時代に実質的伝承は絶えた。一般には単に渋川流といったが、正式には「関口正統渋川流」といい、関口流の古伝を墨守して伝えた。失伝したのは何とも残念で仕方がない。したがって、現在、その渋川流柔術を継承している人は皆無であるが、筆者が甲州伝の渋川流柔術を伝書から復元している。

一方、流祖澁川伴五郎について修行を重ねた広島藩森島求馬勝豊は、免許皆伝を得て同藩にこれを伝え、数多くの家臣に渋川流を教えた。しかし、この渋川流は他流から形を持ち込んだもので、渋川流古伝の業は全く残していない。ウィキペディアにはこの渋川流が難波一甫流の影響を受けたとあるが、そのような史実はなく、現在その母流儀は分かっていない。従って、渋川流というのはその名称だけを名乗っているのであり、本家の渋川流とは全く異なる武技体系となっている。

広島の渋川流はその後、明治に至り、大山善太郎正勝によって大阪に伝えられた。現在、関西に伝えられている古流柔術は、その多くが創作されたものや、変質が激しく、また流派内での反目も多いと聞いている。しかし、この渋川流は、そのような関西の古武道界にあって、昔からの稽古体系・様式を崩さず、古流の趣を保持した貴重な流儀の一つであり、紀州関口流と並んで健全に継承されている流儀である。

一つだけ重要な点を指摘しておくと、この渋川流では流祖を「渋川伴五郎代喬」としているが、これは歴代相伝者のだれかが誤読をしたもので、正しくは「渋川伴五郎氏喬」である。「代」と「氏」は崩すと似た字体となるために誤読をしたのだろう。この「氏」の一字は明らかに関口家から踏襲したものである。

今回、紹介した伝書は昭和の戦前に発行されたもので、人体急所図の面白さから入手した。流儀の益々の繁栄を期待したいと思う。

b0287744_20284210.jpg

by japanbujutsu | 2013-02-26 20:51 | 秘伝書の部屋 Secret densho

by japanbujutsu