ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

『当流(伯耆流)居合目録』 Hôki ryû Iai mokuroku

当流(伯耆流)居合目録

今回は居合の数ある流儀の中から伯耆流を紹介する。

伯耆流は現在も熊本に伝承された系統が命脈を保ち、また、相伝者が大阪に出たことによって、関西方面にも普及した。

技法の解釈は門外漢故に控えることにして、伝書の内容を見ると、最初に表として、

  向之太刀  除身  引取  胸之刀  籠手切  押抜  開抜  中段  突留  四方金切 向詰
  次付  一作足  頂上  切先返  三之柄捕
  

があり、詰合大事として、

  壁付  角付  腰搦  前後之抜  逆手抜  籠手詰  夜之抜  夢之枕  

とあり、さらに身之金之位九ヶ条と続く。

紹介する伝書は『武芸流派大事典』に「伯耆流熊谷派」とある系統で、熊本には他にも村上家が相伝している系統がある。

b0287744_22331147.jpg


b0287744_223343100.jpg


この熊谷派の末葉は野田家に相伝され、兵法二天一流とともに伝えられた。

目録の内容から母体流儀である林崎夢想流の影響が濃厚に伺えるが、現在伝えられている形からはほとんどその影響を伺うことができない。
 
by japanbujutsu | 2013-03-03 22:34 | 秘伝書の部屋 Secret densho

by japanbujutsu