ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

秘伝のこと About a Hiden(secret)

秘伝のこと

江戸時代の武術には必ず秘伝がある。

秘伝は極意、極秘、奥伝、秘奥、奥意など、さまざまな呼び方がある。

現代武道には秘伝はない。なぜないのか。それは古武道になぜ秘伝があるのかが分かれば、現代武道になぜないのかがわかる。

まず、古武道の世界では流儀の内容自体がすべて秘密であり、稽古場も外から内部の稽古の様子を見られないように窓を高い位置に設けてある。

その理由を多くの高名な師範たちは揃って「秘伝技を他流の者に知られると、いざというときに裏を取られて敗北するから」と言っている。

そんなバカなことがあるわけない。

その稽古の様子を見られた流儀の者たちは、他流試合の際に何百も存在する形(技)の中から、いつも秘伝技しか使わないのだろうか。また、それを盗み見した者は、相手が秘伝技を必ず使うと思って、斬り掛かるのだろうか。

そんなバカな奴はいるわけない。

心貫流棒術・扱心流躰術の起請文第一項に、
   一 御当流入門誓紙之上□共雖為親子兄弟白地他見他言いたし申間鋪事


b0287744_14581162.jpg


とあるのは、師範の地位を維持するための方策に他ならない。

秘伝が多くの人たちに知られてしまっては商売(武術指南)が成り立たない。辛苦の修行を積んだほんの僅かな門人だけが知るからこそ、その価値があるのである。

料理屋の「秘伝のタレ」「秘伝の隠し味」と同じである。どこの料理屋でも同じ味が出せたら、その料理屋の存在意義がなくなってしまう。

第一、実戦において秘伝だ、奥義だなんて、そんなことに拘っていたら、勝てる勝負も負けてしまうだろう。

また、秘伝技は高度な技だなんて思いこんでいる輩もいるようだが、高度な技だったら見せても盗まれることはない。簡単だから秘伝にするのである。

知ったかぶりしてものを話す人たちのことを鵜呑みにして信じていると、文化はいつまで経っても正しく解釈されることはない。

必ず自身で検証しなければいけない。

現代武道に秘伝がないのはスポーツであり、競技であるから、全ての体系・技・ルールをすべての競技者が平等共通に持っていなければならないためである。
by japanbujutsu | 2013-03-30 15:02 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu