ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

柳生心眼流兵術の伝書類

柳生心眼流兵術の伝書類

柳生心眼流兵術は柳生心眼流の総合武術のうち、拳法柔に付けられた名称で、名人高橋彦吉はこの兵術しか修めなかった。この兵術には謎が多いが、星家に相伝されたものは、表ヶ条(7)、中極(7)、落(7)、切(7)、切紙免許(14)、目録免許(14)、甲冑免許(28)、小具足免許(28)、皆伝免許となっており、百ヶ条を超えている。釜石伝では約三百の形を伝えている。

また鈴木兵吉は「兵術柔」を創設して、やはり七十ヶ条以上の形を伝えた。鈴木兵吉系には「切紙」以降の形がなく、他流から形を持ち込んでいるため、高橋彦吉がどこまでの形を伝えていたかは今となっては不明である。

いずれにしても各系統には表・中極・落・切の二十八ヶ条以外にも多くの形を伝えていて、流儀の内容は豊富である。会長が最初に学んだ全日本中国拳法連盟では表を初伝、中極を中伝、落を奥伝として教えていたが、そのような階梯は柳生心眼流にはなく、これらの二十一ヶ条を修めただけでは、本当の体系の初伝レベルにも至っていない。

伝授巻は、表・中極・落・切までの二十八ヶ条を修めて『柳生心眼流兵術(切紙)』
その後の数十ヶ条を修めて『柳生心眼流秘伝目録(中意位)』
秘伝・口伝・教授実績などを吟味して『柳生心眼流免許御免目録』

が伝授され、その他、形以外の口伝書数巻を伝授にしたがって受ける。

b0287744_2043459.jpg
                     会長が授けられた柳生心眼流兵術の伝授巻
by japanbujutsu | 2013-04-03 20:46 | 柳生心眼流兵術 Shingan ryu

by japanbujutsu