ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

諱と号の話し

諱と号の話し

武術を相伝すると師匠から諱を与えられる。
近世武家社会で使われた諱は死後の名前のことではなく、本名とは別のいわゆる武名というもので、師匠の一文字をいただいて新たに付ける場合や、家系や流儀によって一文字が決まっていたりする。
したがって他家の者が相伝し、その者が最初から自分の家の諱を持っていれば、新たに諱を名乗ることはない。
竹内流では代々竹内家の諱に用いる「久」の文字を相伝するが、力信流のように他家に相伝されても、相伝者の諱にはすべて「光」の文字を使用することが定められているような例もある。
だから竹内流の場合、たとえば竹内藤八郎久直から相伝した吉里呑敵斎は他家の者だから「久」の字を使わずに「信武」と称している。
その代わり彼は竹内流を絶伝から救った功労者なので竹内家の「藤」の字を襲名して藤右衛門を名乗っている。

そして、この吉里が名乗った「呑敵斎」。

b0287744_21255210.jpg


これが号である。
竹内流では号を名乗らないから、これは吉里自らが名乗ったものである。
敵を呑むとはすごい号である。
号でもっともよく使われるのが「○○斎」、次が「○○軒」。
あるいは「○○堂」もあり、屋号のようでもある。
この号というのは相伝するものではなく、一代限りで使用するのが古来からの習わしである。
by japanbujutsu | 2013-06-02 21:30 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu