ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

真極流柔術は中国伝来?Was the Shingoku-ryu transmitted from China?

真極流柔術は中国伝来?

かつて江戸時代に仙台藩でもっとも盛んだった柔術が真極流。

この流儀の源流が竹内流であり、それが至心流として美濃へ伝えられ、さらに庄内藩に伝えられた。

そして、庄内藩至心流は津軽へ流れて本覚克己流となり、仙台藩へ流れてこの真極流となったのである。

この伝播を初めて解明したのは筆者である。

すなわち真極流柔術はまったく純粋な日本伝柔術なのである。

ところが、その伝書には次のような文がある。

其源流中華在拳棒跌解法六勢・・・・・・・」と。

こんなことがあっていいのだろうか。

b0287744_22233677.jpg


ここに出ている 「拳棒跌解法」 というのは中国の清朝年間 (日本の江戸時代中期) に刊行された 『万宝全書』 に収められている一項で、その中の 「要家臨危解法」 に六勢のすべてが絵入りで解説されている。

b0287744_22235312.jpg


確かにそれは二人相対して行う護身術の解説であるが、真極流とはまったく異なっているのは言うまでもない。

江戸時代にこのような創作をでっち上げるのは、中華の文化が当時の日本人の憧れとなっていたためであり、最高水準に達した芸術だと認識されていたためである。

それにしても仙台藩の柔術は中華思想に染まったものが多い。

柳生心眼流兵術の隔離拳法などはその成立過程が依然として謎のままである。

ちなみに、紹介した伝書は仙台藩の武術を悉く相伝した今野家の幕末の師範、今野譚弥清保が差し出したものである。

この系統では真極流を 「心極流」 と表記する。

b0287744_22242352.jpg

by japanbujutsu | 2013-06-14 22:24 | 秘伝書の部屋 Secret densho

by japanbujutsu