ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

柔術の源流 一日城無双一覚流捕手

柔術の源流 一日城無双一覚流捕手

一般に柔術の源流と目されているのは竹内流捕手腰廻で、天文元年(1532)に創始したことになっている。

それは現在に至るまで、その発祥地が明らかであり、かつ資料も残り、また武術でもっとも大切な技術(形)が伝えられていることで説得力もある。

しかし、伝承者が絶えたり、伝承地が不明であったりして、資料も散逸しているが、竹内流と同じ時代に多くの捕手(後の柔術)が萌芽していることは注目しなければならない。

その一つが、九州で佐藤一覚によって創始され、後に讃岐で隆盛した一日城無双一覚流捕手がある。

b0287744_2154318.jpg

b0287744_21553220.jpg


これは後に讃岐では無相流新柔術として坂出の中条家に家伝し、西日本の柔術界を風靡して、その流裔は昭和に至ったが、香川県ではこれを顧みるものが無く、誠に残念ながら、昭和四十年代に絶伝した。

一日城無双一覚流は竹内流に遅れること約60年、天正十九年(1591)の創始であるが、竹内流の影響はまったく見られない。

b0287744_2155122.jpg


このころ、瀬戸内海沿岸には無双流、または夢想流と名の付く武術が群雄していた。一日城無双一覚流はその一つである。

難波一甫流もこの流儀から出たと伝書に書かれている。
by japanbujutsu | 2013-06-23 21:55 | 秘伝書の部屋 Secret densho

by japanbujutsu