ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

捕縄の仕舞形

捕縄の仕舞形

先に 「七座之伝」 を紹介した広島文武館発行の長尺伝書に「鍵縄并ニ三筋綱仕舞形図式」が描かれている。

捕縄掛様の伝書は多いが、仕舞形を図式した伝書は珍しい。

b0287744_20525391.jpg


しかし、実は筆者が注目したのは、この図よりも、その右に書かれた二行書の方である。

  程子語
    陽気所発金石示透
    精神一到何事不成


これは筆者が高校時代から座右の銘にしている言葉である。

      陽気の発する所金石また透る精神一到何事か成(な)らざらん   程子

ここぞの機会、この時においてすれば必ずできる、という確信があって、一心不乱、脇目もふらずに事をすれば、余程難かしい事でも、案外容易に成就する。

この際、狐疑があってはならない。臆してはならない。逡巡してはならない。猶予してはならない。拘泥してはならない。一切万事を余事に付して、ただ一念のみでする。

これでなければだめだ。諺に、

     一念は起すとも、二念は起すな

という。狐疑し、ないし拘泥するのは、二念を起こすことになる。二念を以てしたのでは、見事な成功は、まず挙げられない。

昔、沢庵禅師が、三代将軍家光の剣術指南柳生但馬守宗矩のために、剣術の極意を示した奇書 「不動智神妙録」 の一節にいう、

何事も、なさんと思うことを、ずんと思い切ってするは、本心なり。こうしようか、しまじきかと、二途に亙るは血気なり。二途に亙りて、分別極まらざることをすれば、必ず悪し。これ血気に惑わさるるなり。

このことを、為さんと思わば、一途にしたがよし。二途に亙る程ならば、なすべからず。初め一気は、皆な本心なり。二つに亙るは、血気なり。本心ならば皆なよし。血気は悪し。何事も怖じるな。怖じれば仕損うぞ。怖ずるは平生のこと、場へ出ては怖ずるな。溝をばすんと飛べ。危うしと思えば陥るぞ。と。一心不乱、脇目もふらずに事をせよ、との意に外ならぬ。

武術を嗜む者、心に深く念じてほしい。
by japanbujutsu | 2013-07-08 21:06 | 秘伝書の部屋 Secret densho

by japanbujutsu