ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

力信流居合

力信流居合

力信流武術形の多くは大長九郎の死を以て、この世から消え去った。

大長の門下生の中に総合武術を修めようとする人間がいなかったことが最大の要因である。

だから大長は門人の趣向によって剣・居合、柔術、棒術を分けて教伝した。

大長と同じ明治時代に大阪へ進出した小野田吉太郎や、名古屋に進出した虫明駒七らは、皆力信流を総合武術として修行したため柔も剣も居合も伝えていた(現在は双方絶伝している)。

これが本当の免許皆伝である。

会長は初め、水鴎流の勝瀬光安師範に力信流の居合と剣術を学んだ。

勝瀬師範は大長が在世中に開催した力信流の講習会で剣と居合を学んだと伺った。

しかし、勝瀬師範は 「私は力信流の師範ではないから」 と言って、美和靖之師範を会長に紹介された。

勝瀬師範と美和師範の力信流は相違点が多々あるが、これはどこの流儀にも見られることであるから、何ら問題のあることではない。

力信流の居合は、嘉永年間の伝書によれば、次のようになっている。

    向敵之事  後敵之事  左座之事  右座之事

その後に、「居合 抜附左留之事 十五ヶ條」 と 「立合 抜附左留之事 五ヶ條」と記載があるが、欠伝しているため、内容は不詳である。

b0287744_22141519.jpg


さて、その最初の四ヶ條であるが、現在伝承されている居合五ヶ條は、

    抜付之事  抜突之事  後敵之事  即座之事  柄砕車切之事

となっている。これらは理合から見ると、抜付之事が向 (前) 、抜突之事が左、後敵之事が後、即座之事が向、柄砕車切之事が向、となっており、右座の敵の形がない。そして向 (前) が三本ある。

棒術も居合も江戸期の文書と現伝の形は一致しない。

いつの時代に変革がなされたかは、今となっては知る由もない。

b0287744_22255427.jpg
     力信流居合(関西支部長 山根章師範  H25松代藩文武学校武道会 春の演武会において)
by japanbujutsu | 2013-07-12 22:30 | 力信流武術 Rikishin ryu

by japanbujutsu