ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

「四天流組討目録」

四天流組討目録

四天流は肥後熊本藩における有力な柔術流儀である。

b0287744_22394482.jpg


肥後では星野家が伯耆流居合、楊心流長刀とともに指南した。

江戸時代から肥後には柔術三流として四天流、竹内三統流、それに扱心流が隆盛した。

この三流儀を指南家は四天流が星野家、竹内三統流が矢野家、そして扱心流は江口家が相伝した。

四天流の祖は成田清兵衛。

b0287744_22392596.jpg


柔術指南としての星野家の祖は星野角右衛門実員で四天流の四代目である。

明治時代に熊本の柔術振興に尽力したのが星野九門。

明治三年に相伝を許され、大正五年に没するまでに入門した者は組討、居合、長刀、棒術など数百人に及んだという。

九門が肥後藩各流柔術師範家七派を統合して制定したのが肥後流体術である。
 
『武芸流派大事典』 に「二天流寺尾求馬助信行に破れて入門し、その長をとって二刀の術をはじめ、信行から四天流と名付けられた。」とあるが、「四天」には立派な意味があり、二天流説を盲信するのは早計だと思われる。

流儀は現在も熊本に伝えられている。

また、その形の解説が『肥後武道史』に詳細に記録されている。
by japanbujutsu | 2013-08-05 17:20 | 秘伝書の部屋 Secret densho

by japanbujutsu