ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

大東流の真実史を語る The true history of Daitô ryû

大東流の真実史を語る

これだけさまざまな情報が飛び交い、また家に居ながらにしていくらでも情報が入手できる時代に、まだ大東流が江戸時代から伝えられてきたものだと主張している輩がいる。

酷い場合には新羅三郎義光を引き合いに出したりしていて、手が附けられない有様である。

大東流は武田惣角が案出した武術に違いなく、明治三十年以前の伝書は発見されていない

よって明治三十年頃に成立したこともほぼ間違いのないところである。

武田惣角の武術修行歴は直心影流や小野派一刀流など判明しているものがあるが、既存していた柔術の修行歴も確認されていない。

要するに武術の天才が創出した明治時代の新柔術なのである

伝書はあるが、古流の体裁を踏襲することはなく、形の解説に終始している。

古流独特の形の名称もない。第一條、第二條、第三條・・・・と羅列されているだけである。

b0287744_12412120.jpg


そして、伝書の最後に書かれている系図は武術の相伝系図ではなく、会津武田家の家系図を載せただけである。

b0287744_12413268.jpg


東京において嘉納治五郎が講道館柔道で脚光を浴びている中、旧会津藩の矜持から生まれたのであろう反骨精神により、天才の手によって講道館に対抗すべく柔術が完成したのである。

だからその大東流は当初、主として旧東北諸藩の、それもすでに武術の実力を持つ旧藩士や警察官に伝授している。

惣角に武術を学んだ者たちは元々他流の免許皆伝者であり、実力者であったから、短期間の講習でたちまち腕を上げていった。

技も腰技や足技を駆使する講道館柔道とはまったく対照的に、非力が大男に勝つための手業だけによる逆捕、逆投の斬新な内容だった。

これまで特定の人たちによって語られてきた、大東流の源流を会津藩御式内としたり、浅山一伝流だとしたりするのは何の根拠も物証もない捏造された妄説である。

なお、これに類する 「大東」 の文字を使った合気柔術諸派、武田流合気之術、あるいは 「武田」 の文字を使った合気系武術の諸派は全部、第二次世界大戦後に創作されて世に出てきた武術である

これからは世を欺く時代ではない。嘘はすぐにばれる。

筆者は創作武術が悪いとは言わない。

創作武術であるのにもかかわらず、その歴史を捏造するその行為が悪いと言っているのである。

創作された流派であってもその内容が素晴らしければ人は集まる。

創作は創作として、その武術の正しい成立過程を伝えていくべきではなかろうか。

嘘はいけない。
by japanbujutsu | 2013-08-03 17:54 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu