ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

非現実的武具の十手

非現実的武具の十手

鎖鎌と並んで実戦の役に立たない武具の代表格が十手である。

こんな小さな道具で剣に立ち向かうこと自体がナンセンスである。

武士に真っ向から対して十手で勝った例など皆無であろう。

武術はこの非現実的であきらかに大きなハンデの差がある想定をいかにして克服していくかにその意義がある。

もちろんそれは武士の教育であり、非現実の想定を履修し、武芸として完成させることに意義がある。

非力な者が怪力に勝ち、小が大を制するのは武術の根本理念であるから、十手や鎖鎌が剣に勝つのはまさにこの理想を具現しているわけである。

しかし、それはあくまでも武芸での稽古で行うこと。

実際にこんな小道具で剣に立ち向かったら勝ち目はない。

b0287744_1939997.jpg


江戸時代、博徒が十手を預かることを「二足の草鞋」といった。

博徒が十手を預かり、同じ博徒を取り締まる捕吏を兼ねていたことから生まれたことわざである。

この十手は「官吏の身分証明」であって、武具としては「打つ・殴る」くらいの役目しかない。

現在はこの十手術を伝える流儀も少なくなった。

現存している流儀は貴重な存在である。
by japanbujutsu | 2013-09-06 19:39 | 技法研究の部屋 Skill

by japanbujutsu