ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

『写真学筆』に描かれた武術 その3 剣術

『写真学筆』に描かれた武術 その3 剣術

今回は剣術の頁を紹介する。

墨僊は武術形というより、単独動作の描写に主眼を置いているようで、組形がないのが残念である。

二本の木に横木を渡して打ち込み稽古をしている者は木刀を使っているが、その他は全部袋竹刀である。

一人だけ半棒を使っている者もあり、右下の人物は二刀を持っている。

b0287744_20114831.jpg


この中で筆者が気になるのは、木刀で横木を打っている人物。

皆さんは気が付いただろうか。

何と彼は左手が鍔寄りになっている。

すなわちサウスポー。

江戸時代には(もちろん現在でも)完全にタブーの所作。

これはどういうことだろうか。

意識的に書いたのか、あるいは武術の常識を知らずして書いたのか、わからない。

袴の腰板にはしっかりと家紋が入っているのがわかる。
by japanbujutsu | 2013-09-29 17:58 | 技法研究の部屋 Skill

by japanbujutsu