ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

影山流抜剣 最終回 礼法

影山流抜剣 最終回 礼法

最後になってしまったが、礼法の一部を紹介する。

まず、敷物は、「ねこ」(ねこざ・ねこだ・ねこがき)といって、稲の収穫が終わると門人たちが集まって藁を編んで拵える。

正坐の方法は膝を大きく開いて座る。

足関節が相当に柔らかいのだろう。尻が両足の間に沈んでいる。

b0287744_21232346.jpg


生活習慣から正坐が消えてしまったわれわれには真似のできない坐り方である。

刀は鍔を自分の方、切先を向こうにして置く。

この置き方も影山流独特のものと思われる。

下緒は鞘にグルグル巻きである。

ここで紹介されている居合六本はフィルム撮影されて、欧米の武術研究家が持ち帰ったという。

どこかに残っているのだろうか。
by japanbujutsu | 2014-01-01 07:12 | 技法研究の部屋 Skill

by japanbujutsu