ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

古武道に対する世間の誤解

古武道に対する世間の誤解

日本でも、海外でも、古武道に対する誤った認識を持つ人たちが大勢いる。

これは、指導する師範が正しい認識を持っていなかったり、いろいろなメディアからの誤った情報に洗脳されてしまっている場合が多い。

この記事を読んでいる人の中にも、以下に紹介するような古武道に対する誤った認識を持っている人たちがたくさんいるのではなかろうか。

記事には次のように書かれている。

そこでふと思ったのが、「これはやるのが難しい」という技について。本来、古流武術においては「やるのが難しい技」ってないはずなのでは?と思うわけです。なにせ、実戦に使うべく練られた技なわけなので、やるのが難しいのでは実戦で役に立たないのでは?と。「やると危険な技」はたくさんあるんですけどね。

古流は武術における戦闘スタイルを決まった動作「形」で表現する武士の身体表現文化である。
それは弱い者、条件が絶対的に不利な者が、強い者、そして条件において有利な者にいかにして勝つのかを身につける「芸術」である。だから武術は武芸とも言う。やるのが難しいのはそのためである。

だから形の中には表現するのが非常に困難なものもある。それを繰り返し修行して身につけるわけである。古流の形の多くは実戦に使うべく練られた技ではない。ここがまず重要である。実戦ではあり得ない想定が形の中に多々存在することで、そのことは容易に判断できる。芸術であるから形に威厳と美しさが要求された。ただ勝てばよいというような西洋式発想は存在しない。

難しいのでは実戦で役に立たないのでは?というのは正にその通りなのである。だから形を修得するのに何年もかかるわけである。免許皆伝まで10年以上かかることも珍しいことではない。

まず、江戸時代の武術は長く続いた泰平な世の中で醸成されたことを知るべきである。むしろ一生の中で実際に人を斬ったことのある武士の方が少ないのではなかろうか。武術は武士の教養であり、学問の一課である。だから武術は武士の場合、藩校で学んだ。

しかし、ここで早合点してはいけないことは、武術がまったく実戦には役に立たないのかというと、そうではない。武術を稽古した者としない者とでは話しにならないほど実力差はある。それは形の中で「技術」を教えるからであり、合理的操作法を学ぶからである。しかし、何度も言うように、その技術を習得するには何年もの歳月を必要とする。
by japanbujutsu | 2014-01-19 17:27 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu