ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

『柔道にはなぜ黒帯があるの?』の間違い訂正 6

『柔道にはなぜ黒帯があるの?』の間違い訂正 6

Q18 柔道場に神棚があるのはなぜですか。

解答
江戸時代の道場には神棚や神殿をまつることはなかったようですから、明治維新以後、明治政府によって神道が国教化されていく過程でこうした風習が一般化されたと思われます。

訂正
この解答は全くの誤りである。
神道が国教化される以前、すなわち武術創世期から江戸時代を通じて、武術と神道との強い結びつきは諸賢の知るところである。
問題の道場における神棚の一件は、信州上田藩の武芸稽古所の記録に、

「文久二年正月十八日建御雷命、経津主命、建御名方命の三柱の神を祭て武神となし、毎年一月開校の日を以て其祭典を執行し、此日には諸生に神酒を頂戴させることとした」

とあり、また岡山県にある竹内流道場は江戸時代中期の建築であるが、立派な神棚が祭られている。

b0287744_22244326.jpg

写真は竹内流道場。
by japanbujutsu | 2014-03-20 17:13 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu