ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

田中藩最強の柔術家 竹田常次

田中藩最強の柔術家 竹田常次

ここに『田中藩武道史』というすばらしい調査書がある。
その中に、今回紹介する伝書「制剛流俰五身伝」の差出人、早川八郎治義利のことが詳細に書かれている。
早川は嘉永7年(1854)にその師小池志学の後を承けて制剛流柔術の師範となる。新たに入門した者は78人いたという。安政3年(1856)に自分の屋敷内に稽古場を建てた。

b0287744_22223093.jpg

この早川の傑出門人に竹田常次がいた。
記録によれば、竹田は弘化5年(1848)に早川に入門し、嘉永三年(1850)に初伝、安政三年(1856)中伝、安政四年(1857)上伝、万延元年(1860)皆伝、そして文久元年(1861)、晴れて世話役となっている。

これを見ると、竹田は早川がまだ師範となる前に入門していることがわかる。竹田が早川から授けられた「制剛流俰五身伝」の発行年が安政3年になっていることから、この伝書が制剛流における中伝の伝書であったことがわかる。

b0287744_22224722.jpg

さて、この早川が残した記録に、他流仕合の取組がある。
安政3年に天神真楊流磯又右衛門の門人坂倉左馬之助が仕合に訪れたときには、早川の門人9人がその相手をしたが、勝利したのは竹田常次ただ一人であった。
安政6年に荒木新流福井市郎右衛門の門人3名が訪れたときにも9名が相手をし、勝ったのは竹田ともう一人だけだった。同じ年に訪れた揚心古流戸塚彦助の門人立川千兵衛が来たときも9人が相手をして勝ったのは竹田だけだった。

このように田中藩の柔士はあまり強くなかったようであるが、唯一竹田常次だけは強かった。きっと体格も良かったのであろう。
by japanbujutsu | 2014-06-19 17:48 | 秘伝書の部屋 Secret densho

by japanbujutsu