ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

続・剣道、居合における踵の問題

続・剣道、居合における踵の問題

江戸時代までの撃剣、すなわち竹刀剣道においては、しっかりと踵を床に着けていたことはすでに述べた。

b0287744_2273259.jpg

そして、今回の写真にあるとおり、それは明治時代でも変わらなかった。

b0287744_227850.jpg

もちろん明治時代には踵をわずかに浮かせる向きもあったことは事実であるが、当時はほぼすべての剣士が古流を修行していた実態があり、踵を浮かせることを嫌った流儀が多く存在したことを写真が実証している。

すでに紹介したように、小野派一刀流や中西派一刀流でも昔の剣士は踵を着けて形を演じていることが写真に現れている。無刀流もまたしかりである。

居合においては昭和以降、剣道との兼修傾向が強まり、全日本剣道連盟に加盟した流派はことごとく踵をつけた撞木の構えを否定された経緯があり、ほぼすべての流派が夢想神伝流(長谷川英信流)の足構えに倣ってしまった。
古流独特の姿勢を否定されたのである。
踵を上げた構えでは切ったときに腰を据えられないため、深く切り下げることができない。
試し斬りをしている人で踵が上がっている人はほとんどが剣道経験者である。

私自身、来歴が明確で、伝統をしっかり守っている流儀で踵が上がっている例を見たことがない。
他流や現代武道に左右されることなく、自流の技や形をしっかりと受け継いでほしいものである。

私が継承している神道無念流の居合でも、剣道の兼修者は足幅を広くして撞木に開く足構えができず、師匠は「あの人たちは直らないからあれで仕方がない」と私に話したことがある。
by japanbujutsu | 2014-10-28 21:45 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu