ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

甲冑武術-世の誤認を正す-

甲冑武術-世の誤認を正す-

武術の発生期は戦国末期であるということはそれでいいと思う。

ここで言う「武術」とは、一定の教義と教習課程、すなわち教授カリキュラムをもった流儀武術のことであり、
それ以前の「兵(つわもの)の道=教義体系のない弓馬術や槍・薙刀など」は除外する。

江戸時代になって流儀が教義を整え、武士の教育に採用されると、それは平服、すなわち着物でのスタイルに変化し、武術は平服による護身を目的とした。

こんなことをいちいち説明しなければならないのは、あまりにも武術に対して無知が多いためである。

居合という武術は、武士が平服となり、泰平の世が到来してから教義を整えた武術である。
平服時の大小は帯に固定して差す。だから容易に刀が抜けなくなる。だから、すばやく、そしていかに合理的に抜く技術が必要かが問われ、居合術が発達した。

太刀を腰に吊していた時代とは全く想定が異なるのである。
太刀を腰に吊していた時代には、刀は技術を必要とせずに抜くことができた。鞘が自由に動くからだ。

それが最近では武術の成立過程も状況設定も何も考えずに、ありもしない「介者居合」などと称して演武をする輩がいるから始末におえない。

居合は平服で行うから存在意義があることを師範クラスの者でも理解していない現状を見て、真に情けなく思う。

腰を落とせばなんでも介者居合、介者剣術だと思っている先生方、それは全くの勘違いです。
早急に勉強をし直してください。

鎧を装着した時点で「居合」は存在しないということを一日も早く理解してください。

図に紹介したように、時に甲冑を身にして武術の稽古をすることは確かにあった。しかし、これが武術の稽古として日常実際に行われていたかというと、まずそんなことはあり得ない。

b0287744_2236497.jpg

これは現実にあり得ない想定を武士は武術の心得として、その非現実的な武術を学んだのである。
by japanbujutsu | 2014-11-07 22:11 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu