ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

柔道着は下着スタイル The judo wear is underwear-style

柔道着は下着スタイル The judo wear is underwear-style

The very shameful figure which lost aesthetic sense

柔道が戦後、完全に武道からスポーツに変容し、小さい者は大きい者に勝てなくなった。
明治時代にすでにスポーツ化していた柔道は、その服装も軽快さを求め、武士の正装から紋付き袴を除いた下着姿を採用した。

和服(着物)の下着姿
b0287744_2237080.jpg


裸で行うレスリングやボクシングよりはまだ少しはましであるが、美的にはまったく優れていない。
むしろ非常にはしたない格好である。

下着姿になった明治時代の柔道着。下衣は半股引のパンツである。
b0287744_22423028.jpg


その柔道の下着スタイルを真似した空手着にいたってはさらに滑稽になってしまった。
武道は武士の文化である。それを無視して排除したものは武道ではない。
小さい者が大きい者に勝てないのも武道ではない。
今、中学で指導している柔道は武道ではない。スポーツである。
文部科学省の日本文化に無知な連中が作った指導要領はウソ800の羅列である。
中学で柔道を習って柔道が好きになる生徒なんかいるわけがない。
ほぼ全員がこんなもの二度とやるもんか、と思う。
柔道着はださいし、臭い。
冬は裸足で足が凍り付くほど寒い。
武士の武術は芸術であり、薫り高き文化である。
芸術性(美的感覚)が皆無で文化性のかけらもない柔道をどうして武道とよべようか。
政府のお役人さんたちは、もっと日本文化を勉強して、正しい武道教育がなされるように国を変えていかないといけませんね。

幕末から明治初期にかけての柔術の稽古では袴を着用している。
b0287744_22531727.jpg

by japanbujutsu | 2014-11-30 17:21 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu