ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

夢想願流のこと

夢想願流のこと

夢想願流の祖、松林左馬之助蝙虵(斎)は文禄2年(1593)、上杉氏家臣・松林永常の子として信濃国海津(現:長野県長野市松代)に生まれる。のちに上杉家を出奔、諸国行脚の旅に出て剣術・槍術・薙刀術を修行し、夢想願流を編み出したその後、左馬之助は無雲と号し、親類の関東郡代・伊奈忠治の食客となっていたが、寛永20年(1643)に仙台藩主伊達忠宗から知行300石で世子・光宗の剣術指南役として招かれて江戸に移った。光宗はその二年後に19歳の若さで急逝したが、左馬之助はその後も仙台藩に残り、仙台城下の片平丁に拝領した屋敷に道場を開いて藩士に武術を教授した。慶安4年(1651)、伊奈忠治の奔走により、江戸城において将軍・徳川家光に夢想願流の武術を披露する機会が設けられた。この時、家光は「身の軽きこと蝙蝠の如し」とその技量を讃えたという。これを誉れとした左馬之助は以後は蝙虵斎と号した。夢想願流の奥義は門弟の佐藤嘉兵衛が相伝した。寛文7年(1667年)死去。享年75。

以上が、一般に語られている松林左馬之助の略歴である。古文献を精査しないで書いているから内容がデタラメである。

今、その子孫の家に慶長18年(1613)9月に左馬之助が書いた伝書が残っている。このとき左馬之助は21歳。自ら伝書に「信州埴科郡住人 松林無雲成近」と記している。その太刀の秘伝は愛宕山大権現にて夢中に相伝されたという。信州に住んでいるときから無雲と称していることがわかる。そしてまた信州に住んでいるときにすでに夢想願流を大成させているのである。さらに、修めた武術の中にもっとも重要な「捕手・小具足」が抜けている。その捕手・小具足の内容を見ると、北信濃に伝承した無双直伝流和・小具足に酷似していることが判明する。夢想願流の伝書に愛宕山大権現が出てくることを考えると、この流儀は明らかに竹内流→荒木流→夢想願流という流れにあるように思う。するとそれは無双直伝流の系譜とも重なることになり、両者の接点はそのあたりから判明してくるのではなかろうか。

こちらも日本武芸新聞『水月』で詳細に論じてみたい。

以下に紹介するのは夢想願流(上)と無双直伝流(下)の絵目録である。両流派には酷似する形が散見される。

b0287744_21141347.jpg

b0287744_21143128.jpg

by japanbujutsu | 2014-12-31 17:31 | 秘伝書の部屋 Secret densho

by japanbujutsu