ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

甲冑武術は腰構えが低い?

甲冑武術は腰構えが低い?

武術の大会や講習会で師範と言われている人たちがよく口にする言葉、
「介者剣術は腰を落として動く・・・」
本当だろうか。
そもそも介者剣術って何だろうか。
本論を述べるのに仕方がないので、敢えて甲冑武術と題したが、そもそも鎧を着た剣術というのがおかしい。

いわゆる剣術流派が登場してくるのは中世末期、しかし、それらの技が実戦で使われた記録など当然のことながらどこにも残っていない。宮本武蔵でさえ、大阪の陣他、幾多の戦いにおいて二刀流を使った記録なんか一つもない。

まず、鎧を着用した状態で居合術は必要ないことはだれでもわかる。刀を腰帯に差していないのだから、抜くのに技術を必要としない。刀は抜いた状態で敵に斬りかかる。その斬りかかる技法も、江戸時代の剣術流派が使うような華法な平服用の剣術ではまったくありえない。

よく剣術の解説で、この流派は介者剣術だから腰を落とし、敵の鎧の隙間を斬ったり刺したりするのです・・・
などと言っているが、筆者が剣術や居合を修行してきてそんな説明をする師範は一人もいなかった。

第一、実際に鎧を着用すればわかるが、鎧を着ているとその重みで平服状態と同じ動きはできなくなる。それで腰を落とせばなおさら動きは鈍化してくる。精々腰を落とすのは最後の極めの技くらいで、斬り合いの最中に四股立ちにでもなったものなら、敵に斬ってくださいと言っているようなものだ。

甲冑武術では棒立ちにならないまでも、足に重く鎧の重量がかからない程度に膝を曲げる。そして、進退が迅速にできるように構える。一方、江戸時代の剣術では平服で行うため、腰を落としても容易に体捌きや進退動作ができるため、古流では一文字腰の股を割った低い姿勢が好まれるのである。

この低い姿勢を何を勘違いしているのか、それを介者剣術の名残だとか、元々は介者剣術だったからなどと勝手な解釈で説明をしている。ひどい場合には、この居合は介者居合なので・・・、などと言っている人もいるが、鎧を着て畳の上で正坐をするなど言語同断である。もう少し勉強をした方がよいだろう。

柔術の技を城内でお目見えするときには、小具足鎧で組み討ちを表現する技が演武されたことがあった。
b0287744_21573621.jpg

画像は幕末に会津藩で行われた武術見分の際の様子である。
重い相手を投げ捨てているが、膝を深く曲げた腰の低い四股立ちにはなっていない。
by japanbujutsu | 2015-02-24 17:29 | 技法研究の部屋 Skill

by japanbujutsu