ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

抜刀=試し斬りではない!

抜刀=試し斬りではない!

現在、全国組織を形成している戸山流は、大正から昭和初期にかけて陸軍戸山学校で制定された軍刀操法を、太平洋戦争後に居合道の流派としたものである。

大日本帝国陸軍における歩兵戦技の研究と教官養成を行う陸軍戸山学校において、明治27年に片手軍刀術を、大正4年に両手軍刀術を制定した。
大正14年、戸山学校剣術科長の森永清中佐は、中山博道が居合から考案した5本の形を採用した。その内容は、古流居合のような座位での技はなく、近代戦に適合するために全て立ち技のみであった。
昭和17年には、突撃戦に適合するために、走りながら斬撃する内容が追加された。

昭和27年、戦前に体系付けられた軍刀操法は「戸山流」と名付けられ、居合道として一般に広められていった。戦前は軍服や体操服にベルトを着用し、軍刀を使用していたが、戦後は伝統的な居合流派と同様の稽古着や紋付・袴を着用し、打刀拵を使用している。技法的には他の居合流派に比べ、試し斬りを重視していることが特徴である。

戸山流から派生した武道に「中村流抜刀道」がある。初代宗家は中村泰三郎。旧日本陸軍戸山学校にて実践剣術・戸山流抜刀術を修練。戦後も、永字八法より案を得て「八方斬り」を創意するなど、刀法の研究を続ける。戸山流抜刀術にその経験をくわえて、中村流抜刀道として創始した。
のちの国際抜刀道連盟の前身となる国際居合抜刀道連盟を組織し、本部道場・鶴誠会を主体に中村流抜刀道の普及に努めた。筆者は国際武道院在籍時代にお世話になった。

これら戸山流、中村流の多くの門派が全国各地に存在し、そのほとんどは試し斬りを主体にしている。そのためいつの間にか抜刀術=試し斬りという、誤った考えが広がってしまった。まことに無知極まりない。
あくまでも抜刀は「居合の替え字表記」である。

b0287744_163252.jpg

以前にも書いたが、古流居合の多くが試し斬りをタブーとしていたことを知るべきであり、ましてや演武会で試し斬りをするなど言語道断である。
by japanbujutsu | 2015-05-12 17:38 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu