ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

伝書釈義 神道無念流目録 ②

伝書釈義 神道無念流目録 ②

次には流儀で伝える形の目録が記載されている。

b0287744_21173168.jpg

一円中太刀大旨   口伝
常一知神        口伝
五加五行        口伝
非打十本        口伝
立居合十二剣     口伝
統合二剣        口伝

しかし、この目録は流祖福井が戸賀崎熊太郎に授けた目録に比べると、多くの形が欠落していることがわかる。
すなわち、流祖の時代には、五加五行の次に、「九加九字十字」があり、立居合十二剣の次に「居合五剣」がある。さらその後、三学陽剣が九箇条、電光が八箇条、位太刀巻石火が七ヶ条あり、最後に「惣合 二剣」がある。

ここでは非打十二剣の意義付けを書いておく。
非打とて、主太刀より生ずるの名なり、打方は邪、主太刀は正なり、正を以て推し、十分の気の先をかける故、邪迫て打出すなり、依て主太刀は求めて打に非す、敵に応し後先のわざを以て自ら勝を取るなり、只七本一剣のみ、後先のわざにあらず、敵を動して、先を打也、是試合口にて事を論するもの也、いかにもするどくつかうべきなり

居合の口伝釈義もあるが、これは実技を継承している関係で、ここでは述べないことにする。
by japanbujutsu | 2015-05-31 17:51 | 神道無念流居合 Munen ryu

by japanbujutsu