ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

関口流の稽古用居合刀

関口流の稽古用居合刀

先に居合の稽古に用いる刀は、稽古専用のものであることを述べた。
だから筆者を含めて日本全国ほぼすべての者が誤った刀で稽古や演武をしていることになる。
我々が稽古で使用している刀は武士が公用で帯刀する大小の「大」であり、鍔には象嵌が施され、化粧鞘を遣い、目貫までもが美術品の格を備えている。
こんな刀を武術の稽古に使うはずがない。
事実、影山流には 『影山流大小拵様』 の伝書があり、流儀専用の刀を用いていたことがわかる。
武道具店もそんな知識はないから、公用刀しか扱っていない。
稽古用の刀が売っていないのだから、我々はそれを特注するしかないのであるが、実はその稽古用の刀も詳しく説明された文献が影山流以外になく、真に困りものである。

ところで、紀州関口流が稽古で使用していた居合刀の図が 『南紀徳川史』 に掲載されている。

b0287744_2119743.jpg

注目点は「無反」の文字であるが、図を見ると反りがある。
これはどういうことだろうか。
関口流の居合は反りを利かせて抜き放つため、無反り刀では抜き付けにかなり無理があると思う。
そして、重要なのは、この絵には鍔が描かれていない。
矛盾しているのは居合形の絵伝書に描かれている刀には鍔が見られることである。
これは理解できない。

後考に待ちたい。
by japanbujutsu | 2015-06-28 17:48 | 関口流抜刀 Sekiguchi ryu

by japanbujutsu