ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

堅固の備え

堅固の備え

神道無念流の教えに次のようなことがある。

善剣刀者自身堅固而法他之虚随変打敵是聖之法也

剣刀の術をよくする者は、我身に不足なき堅固の備を構えて、敵の心のすき間の虚を見て取て、前後左右どのように動きかわるとも、其時の動きやう次第にて、敵を打留るなり、是即ち意と事とをくれ進のなき処にて申分なき手本也

これによると、構えというのは静止したものではなく、敵の動作に応じて如何様にも打ち留めることができるものである、またそうでなければならない、という。

b0287744_2025276.jpg

「敵の心の隙間の虚を見る」
武術においてはこれができるかどうかが生死の境目である。
これは試合をしなくとも形の稽古の中で十分に体得できる。
要は稽古の仕方であり、競技武道がいくら試合をするからといっても所詮防具に身を固めていては、心の見方、読み方も真剣勝負とは問題にならないほど甘い。
本当に一挙動に全神経を注いだら、双方が動けなくなるのが「命がけ」の試合である。
何度もボカボカ打ち合うのは武術ではない。

しかし、競技武道には競技武道としての良い点はあるのであり、それを否定するものではない。
念のため。
by japanbujutsu | 2015-07-01 20:00 | 神道無念流居合 Munen ryu

by japanbujutsu