ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

新陰流伝書を読む 2

新陰流伝書を読む 2

本日は『新陰之流八種之目著』を翻刻する。

b0287744_18542562.jpg

新陰之流八種之目著
 并 先持後拍子之事
第一 有之目著先ノ以拍子可勝扇団ノ位肝要也 口伝有之
第二 無之目著片手ヲ捨拍子ヲ可勝仕懸様 口伝有之
第三 生之目著敵之切崎上ルヲ云以残心以後太刀之先可勝也 口伝有之
第四 死之目著敵之太刀下段ニ切下ルヲ云上ヨリ可勝也 口伝有之
第五 陰之目著敵之鋒我右エ好ヲ其時其時左ヨリ後拍子ヲ可勝 口伝有之
第六 陽之目著敵之鋒我左エ好ヲ右ヨリ可勝之是モ可為後拍子也
第七 光陰之目著以持拍子ヲクネリテ可勝也 口伝有之
第八 遠山之目著太刀之間積早キ身ノ早キ以佐足深踏込可勝也 口伝有之

縱如何様之能太刀雖為稽古目著為不知勝ント思事偏ニ盲之以杖勝ント思可成如目著有テ相伝向敵者勝事明成バ此一巻ハ縱雖為実子兵法於無執心者不可有相伝深可秘者也

拍子の教えは新陰流の業に一貫して流れる神髄であり、最重要の口伝であるといっても過言ではあるまい。
ざっと挙げても、別拍子、おとり拍子、乱拍子、連拍子、行間拍子、定拍子、かく拍子、茂拍子、無拍子、無理拍子、陰之拍子などがある。

この拍子の教えについて、現在の新陰流剣士の間では、単に「タイミング」と解している人が多いが、もう少し伝書を深く読み込んで欲しい。
新陰流の極意は行き着くところ「無拍子」なのだから。
by japanbujutsu | 2015-08-02 17:00 | 秘伝書の部屋 Secret densho

by japanbujutsu