ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

南蛮殺当流拳法

南蛮殺当流拳法

”忍者” 藤田西湖が伝承したとされる柔術の流儀。
私は高校時代に購入した松田隆智 『謎の拳法を求めて』 で初めてこの流儀のことを知った。
しかし、この流儀、明治から昭和の戦前にかけてまったくその実在が確認されていない。
b0287744_17401583.jpg流祖は橋本一夫斎。
戊辰戦争時、敵の鎖骨や首を鎧の上から粉砕するなどの武勇伝があるが、講談での作り話に過ぎない。
そのネタ本は明治39年に発行された復讐文庫第五編 『南蛮流柔術元祖 橋本一夫斎』。
藤田はその同名二代目一夫斎から伝授を受けたというが、時代を合わせるための作為だろう。
元は南蛮一法流柔術といい、初代一夫斎が南蛮殺当流柔術とし、三代目の藤田が南蛮殺到流拳法を名乗った。
技法は形がなく、教授の階梯もなく、技は無限に広がるといっているが、内容は空手の約束組み手の亜流と思われる。したがって、正統な古流武術の教授体系を有していない。

橋本一夫斎までの史実を追うとすれば概ね次のようになる。
そしてこの流儀は一夫斎の死を以てこの世から消えている。

流儀の大元は難波一甫斎久永が祖の難波一甫流腰廻 (捕手・柔術)。
延岡藩に伝わったのはこの末流で、単に南蛮流と称したが、これは難波の替え字に過ぎない。
延岡藩での流儀名は橋本一夫斎によって南蛮一法流とされたが、これを前記の講談本が南蛮殺当流と仕立てた。

南蛮というのは単なる替え字であるから、本来のヨーロッパや東南アジアを表す言葉とは何の関係もない。
by japanbujutsu | 2015-08-30 17:05 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu