ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

天心古流拳法の真実

天心古流拳法の真実

第二次世界大戦後、突如「日本伝天心古流拳法」として世に現れた関節技の柔術。
神道天心流と名乗る場合もある。
創作者は上野貴。
大倉伝浅山一伝流柔術を基に、九鬼神流棒術・糸東流・神道自然流空手を加えて起流。
技術伝だけで礼法や演武法など古伝の所作や古い伝書は存在しない。
また、門下の多くが空手道の師範であったため、稽古には袴もつけなかった。
八光流初代奥山龍峰の門下で、速成教授法を真似し、相伝録を発行して全国の会員に頒布した。
他の創作武道と同様、戦前の記録が皆無である。

b0287744_20541968.jpg

写真は鎌倉警察署で警官に棒逆捕手(ひしぎ)を披露している上野貴。

一般的に明治時代の優れた師範ならば、多くの弟子を養成しているはずであり、一人の相伝者の資料が戦災で消失しても、必ずどこかに別の門人が残した伝書があるはずである。
ところが天心古流にはそのような伝書が一切存在しない。
上野貴の師とされる祖父の上野九十郎は明治19年に横浜に道場を開いたというが、孫以外の弟子が一人もいないなどということは普通では考えられない。
小田原藩の上野家が天心古流を伝えていたという歴史的証左も皆無である。

技法は多岐にわたり、空手や柔術の道場で天心古流の技を研鑽するのはいいことである。
特に糸東流から創った対打之形は、空手家もよく学ぶべきだろう。
また、浅山一伝流から採った「棒逆捕手(ひしぎ)」はよくできている。
柔術・拳法の他に、短棒・杖・十手・捕縄・手裏剣・居合・双鎌・寸鉄・長刀・軍用棒などの武器法がある。
私も免許皆伝をいただいたが、流派内の宗家争いや分派騒動、裏工作、互いの誹謗中傷合戦が絶えなく、二十代の終わりにこの流儀との一切の縁を切った。
武術はそんなもめ事に大事な時間を費やすためにするものではない。

武人、紳士が学ぶ武術に嘘、偽りがあってはならない。
伝承を古く見せかけるために偽りの歴史を創って何のメリットがあるのだろう。
だれがいつ何を創っても、素晴らしいものは認められる。
古武道は本当に人から人へ伝えられてきた事実があってこそ、価値がある。
若い人たちは良識をもって、すべてを承知した上で学んでほしい。
天心古流の技、そのものを否定、中傷するつもりは毛頭ない。
by japanbujutsu | 2015-09-01 17:46 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu