ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

不変流取手縄

不変流取手縄

盛岡藩に伝えられた総合武術不変流。
流祖神を不変心王とする。
『武芸流派大事典』では最初は秋田藩に相伝し、出羽の斎藤環清行が享保元年に盛岡藩に召し抱えられて以来、盛岡藩にも伝承した、とある。
今回、紹介する伝書は盛岡から出たものであるから、盛岡藩伝であることに間違いはない。
そしてこの伝書では、斎藤環清行が流祖のように相伝系譜の筆頭に書かれている。

b0287744_22102037.jpg

さて、その不変流の縄術における故実が伝書に図入りで示されている。
文章による具体的な記述はないので、これからいろいろ研究して、解明を試みなければならない。

まずは罪人の検分方式の場の様式が書かれている。
その一つは二十人で場を取り囲み、中央に六具(三ッ道具他三種)を置き、罪人の背後に二人の太刀持ちが付く。

b0287744_2210407.jpg

あるいはこの解釈も誤りかもしれない。

次には山越えの法が書かれているが、こちらはさながら軍勢のようであり、内容はさっぱりわからない。

b0287744_22105993.jpg

識者の見解を期待したい。

日本の武家文化は未だに謎だらけである。
より詳しい研究結果は『日本武芸新聞 水月』で発表する。
by japanbujutsu | 2015-09-10 17:50 | 秘伝書の部屋 Secret densho

by japanbujutsu