ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

心正則剣正 身直則剣直

心正則剣正 身直則剣直

関口流抜刀駿河館道場に第十四代師範青木規矩男直筆による 「心正則剣正 身直則剣直」 の額と掛け軸がある。

今回は額を紹介する。

心正則剣正 
身直則剣直


b0287744_20321267.jpg


心正なれば剣も正なり。
身直なれば剣も直なり。

青木先師の心が書から滲み出ている。
この書を道場に掲げ、青少年を厳しく教育したという。
青木が七十二歳のとき、亀谷師範に贈られた書。
その両側には短冊に書かれた武蔵の歌と居合の極意歌が添えられている。

青木先師の名は「規矩男」、号は「鐵心」。
心も身も名前も号も全部真っ直ぐ、曲がったことを良しとせず、まさに鉄のごとき人であった。

関口流抜刀一本目「抜打先之先身之金之事」の術と理は正に青木先師の言葉そのままの業前である。
形の最後に行う上段横一文字の残心構えは身体を垂直に保ち、胸を張る。

b0287744_20324891.jpg

決して上体が前傾してはいけない。

青木規矩男から関口流抜刀の正式な免許皆伝(仮にこれを完全相伝という)を受けたのは亀谷鎮、清長忠直、木原竹義の三氏だけであり、その他の弟子は同じ免許皆伝でも「一般相伝」だあったと思われる。
後に伝統の業前を変革して容易な動作にしてしまった会派があるのは残念である。
by japanbujutsu | 2015-09-28 19:45 | 関口流抜刀 Sekiguchi ryu

by japanbujutsu