ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

九鬼神流半棒術 Kukishin Ryû Hanbôjutsu

九鬼神流半棒術

九鬼神流棒術については二十歳代に二系統を学んだが、派閥闘争に嫌気が差して身を引いた。
九鬼神流半棒術の原形は荒木流であるが、今やそのようなことを知る人もないだろう。
実質上の九鬼神流の祖とされている大国鬼平重信は、荒木流の祖である荒木無人斎の子、荒木鉄平の門人である。
流派の秘伝書「天津蹈鞴謐心□□録」(□は作字に付き、入力不可)にある「□(かん)技の術」が九鬼神流半棒術の原形で、これは木葉幸四郎が皇道宣揚會尚武局で教えた目録と異なっている。

b0287744_15294813.jpg

天津蹈鞴かん技之巻半棒術
初段
 片手折 突落 打技 流捕 霞掛 行違 顔砕 当返 坂落 
中段
 小手返 逆落 払技 外輪 一刀 返倒 跳落 股掛 小手払
(以下略)

各段九手(九鬼を表象)ずつあり、三尺五寸の八角棒を使用することになっている。
筆者は木葉伝とこちらのかん技伝の両伝を承けたが、伝承を放棄したので、古流としては教えていない。
協会の制定形として工夫を加えて教えている。

下に掲載した形の解説は高松寿嗣直筆による流儀の手付書である。

b0287744_1530113.jpg

by japanbujutsu | 2015-11-23 17:22 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu