ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

大森流立居合

大森流立居合

時代の要請に応えて明治以降もさまざまな武術の近代化が工夫された。
西南の役で抜刀隊の活躍が認められると、警視庁は全国から居合の達人を招聘して「警視流居合」を制定した。
五流派が一本ずつ出し合って実戦に即応できる五本の立居合形を制定したが、中身は神道無念流一色になっている。

時は流れて、大正から昭和初期にかけて陸軍戸山学校では軍刀操法が制定された。
それが太平洋戦争後に戸山流として一方の居合道流派を形成した。
これも当然実戦を重視した即戦力となる立居合である。

そして昭和八年、一般にはほとんど知られていない大森流の立居合が海軍兵学校で制定された。
従来の大森流を立居合に仕組んだのである。
実は同じことを戸山流の中村泰三郎がしている。
その辺の事情はよくわからない。

今ここに海軍兵学校がテキストととして作成した『立居合術心覚』がある。

b0287744_2345984.jpg

技の理合はしっかりしており、現在の全剣連や全日居連に加盟している競技流派の人たちには是非とも研究してほしい内容である。

b0287744_2321061.jpg

by japanbujutsu | 2015-11-27 17:44 | 技法研究の部屋 Skill

by japanbujutsu