ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

気楽流組打切紙

気楽流組打切紙

気楽流柔術は武州から上州にかけておもに農民層に伝授された護身用の地方流儀である。

今回、紹介する伝書のように「組打」と書かれる場合があるが、気楽流には鎧を着用して演じる形は元来存在しない。
この場合の「組打」は「柔術」と同義である。

b0287744_2221373.jpg

柳生心眼流甲冑柔小具足取も純粋な平服の護身柔術であり、鎧を着て演じる業ではない。
一部の柳生心眼流でこの柔術形を何も知らずに甲冑を装備して演じている人たちがいるが、誤解も甚だしい。

仙台藩の登米に伝承され、現在、筆者の道場で伝えている西法院武安流では柔術を「武者捕」と表記するが、これも実際に稽古する形は平服による護身柔術である。

また、起倒流や浅山一伝流の碑文を見ると漢文表記のために柔術が「拳法」と表記されるが、それは中国の拳法のように突きや蹴りを使う隔離武術ではないのである。

文字だけで安易に判断してはいけない。
by japanbujutsu | 2016-02-19 17:08 | 秘伝書の部屋 Secret densho

by japanbujutsu