ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

他流の意味を我が流に加えてはならない

他流の意味を我が流に加えてはならない

オーストラリアで柳生心眼流を熱心に修行している人たちがいる。
海外では日本人が見向きもしなくなった古武道を必死に学ぼうとしている人たちがいる。
それは非常に結構なこと。

しかし、先日、その代表者のFBに変梃なことをしている画像が出ていた。
兵術柔(拳法)を小太刀を差して、しかも居捕でやっているのだ。
なぜか訪ねたら、警官の銃の技として使うためだという。
とんでもないことである。
公開をしなければまだいいのだが、FBは世界中に流れている。

柳生心眼流では他流(現代にあっては他の格闘技や戦闘技術も当然含まれる)の意味(理論・技法)を流儀に混ぜることを固く戒めている。
つまり簡単に言えば、古伝をそのまま伝えなさい、ということである。

柳生心眼流伝書の起請文に、

一 他流の意味を以我流へ混雑仕間敷事

と、その第一条に書かれている。

b0287744_21575969.jpg

多分、彼らは免許皆伝に至ってなく、あるいはこの起請文を提出していないのであろう。
古武道をどこまで、どのように海外に伝えるか、これは難題である。
まだ、この程度なら許容できるのかもしれない。
ヨーロッパにおける 「忍術」 の誤解の酷いこと、これなどはもう取り返しがつかない。
by japanbujutsu | 2016-03-12 17:34 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu