ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

剣道の足構え

剣道の足構え

現行の剣道における足構えが明治期までの「撃剣」のそれとはまったく相違していることはすでに諸書において述べた。
写真は明治初期に行われていた撃剣会の様子を描いたものである。
足幅は広く、両足の踵はしっかりと床に着き、半身・一重身を多用している。
基本的には古流の体遣いを竹刀剣道にも応用していることがわかる。

b0287744_171638100.jpg

現行の剣道のようにスピードを最重要視して打つために、踵を上げてしまうと竹刀に力が乗らない。
いわゆる小手先の技になってしまい、人を斬ることなんか到底できない「当てる競争」となる。
スポーツなのでそれでよい。

何度もいうが、今、中学校で必修科されている「武道」は、「真の武道」とはほど遠く、まったくその要素を含んでいないことを教育者たちはだれも知らない。
本当に困ったものである。






(完)
by japanbujutsu | 2016-06-01 17:06 | 技法研究の部屋 Skill

by japanbujutsu