ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

武術流儀の情報網

武術流儀の情報網

ユダヤ人がディアスボラとなって全欧州に分散したとき、彼らには信仰という絆による情報網が築かれていた。
どこの国でも少数派であり、差別や迫害を受けながら、しかしそのどこの国にも存在するという立場を利用して彼らの社会的地位は保たれていた。
徹底したスパルタ教育で社会の上層部におけるエリートとなり、大資産家となった。
この全欧州を 「支配」 していた彼らの中から、ロイターのような報道・通信のエキスパートが誕生するのもそうした背景があったからだ。

日本の江戸時代における武術にも同じような状況が存在した。
一部の学のない者たちが言う 「お留流」 なる流儀は存在した記録も形跡もない。
それどころか全国諸藩に散在している一つの流儀は特殊な情報網によって繋がっていたことが諸史料から判明する。
いろいろ例を挙げても仕方ないので、ここでは柳剛流を取りあげる。

柳剛流は本家が武州にありながら、実力的に同門随一であった一條 (岡田) 系が仙台角田に伝承し、現在は筆者が相伝している。
実際には角田に分家した形になったわけであるが、武州とは常に往来があり、それは記録として残されている。
また、伊勢の伝とも交流があった。
筆者が角田で見た柳剛流の居合稽古刀は、武州の岡田十内が使用した刀と瓜二つである。
次の写真は 『 埼玉の剣術 』 (戸田市立郷土博物館刊) に掲載されている岡田十内使用の居合刀であり、その下の写真は角田の佐藤家が所蔵する居合刀である。

b0287744_2123432.jpg

b0287744_2124945.jpg

b0287744_2131848.jpg

なお、切っ先が諸刃になっているのは返す刀で斬るためのものではない。
勝手な解釈をされては迷惑である。





(完)
by japanbujutsu | 2016-07-31 17:40 | 柳剛流兵法 Ryûkô Ryû

by japanbujutsu