ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

日本には武術相伝の土壌がない

日本には武術相伝の土壌がない

現代武道でも古武道でも、多くの道場では10年もすれば、門下生は総入れ替えになっている。
いかに現代人に継続性が欠如しているかがわかる。
そして教える側からすれば、いかに後継者を育成することが難しいかがわかる。
古流の著名な道場でも支部が存在しない流派は山のようにある。
そして、どんなに優れた師範でも、免許皆伝を出した弟子のうち、道場を開設して後継者を育成している人は精々2~3名だろう。

わが道場を見てもこれまで10年以上在籍した門人は10名程度しかいない。
そして支部から誕生した免許皆伝者にいたってはゼロである。
これはわが道場に限ったことではない。
進学、就職、結婚で、武術の世界から離れていく者数知れず。

渡欧して20年、門下生のうち、これまで海外の講習会に同伴した者は、わずかに4名。

一方、欧州の支部からは毎年わが本部道場へ修行に来る者たちがいる。

下の写真は1983年当時のわが水月塾の門下生たち。
前列中央の空手着が筆者。

b0287744_2312297.jpg

当然であるが、このときの門下生は今はだれもいない。




(完)
by japanbujutsu | 2016-09-17 17:41 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu