ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

身の金のこと

身の金のこと

関口流抜刀の初本 「抜打先之先 身之金之事」 、二本目 「抜打込三寸之曲尺之事 」にはいずれも「かね」という言葉が入っている。
「金」 も 「曲尺」 も両方 「かね」 と読む。

b0287744_184228.jpg

双方、いわゆる 「規矩」 のことで、指金を意味している。

武術、特に剣術や居合には真っ向正面切りの技があり、特にこの身の金、規矩を重視する。
これは常に身体の正中線を床面に対して垂直に保てという教えであり、肩を中心とする円運動で切り落とされる剣の動作は、この規矩の上にはじめて成立しうるのである(以上、本来は口伝)。

従って、これを初心者のうちから徹底的に修行する。
最初に学ぶ二つの形に、関口流抜刀の基本と極意が凝縮されている所以である。
基本を徹底的に身につけないと、それは極意に至らない。

わが先々代の亀谷鎮師範の残心の構え。

b0287744_18422965.jpg

顔は真正面を向き(床は見ない)、背筋を伸ばし(前傾しない)、正中線を規矩に保っている。
よくよく工夫すべし。




(完)
by japanbujutsu | 2016-10-19 18:25 | 関口流抜刀 Sekiguchi ryu

by japanbujutsu